アルコール依存症の定義と特徴とは?

アルコール依存症の定義と特徴とは何か?アルコールは依存性薬物の一種であり、薬物を摂取することにより様々な問題が起きているにも関わらず、止めることができなくなる性質のことだと定義されています。
アルコール依存症の特徴とは、飲酒の際に量や飲み方・タイミング・その場の状況が判断出来ず、自分でコントロールできない状態になったものです。
発症するまでの期間は男性に比べ女性のほうが早く、男性の半分程度で症状が出てきます。
飲酒を始めた頃は少しの量で気分良く酔えたものが、飲み続けることで耐性が出来て酔いにくく量もだんだん増えていきます。
家庭や職場や社会生活に影響が出始めても、飲酒することが最優先となり周りのことが気にならなくなります。
この状態が続くと、お酒が入ると自分の意思がきかなくなるアルコール依存症となります。
毎日数時間おきに飲んでいたものが、目覚めると飲み酔うと眠ることを繰り返す連続飲酒と定義される、アルコール依存症の特徴と言えます。
自分の身体の健康を損なうだけではなく、家庭内や職場や社会生活に支障が起きてきます。
アルコール依存症とは本人の意思だけでは完治しにくいものですから、情緒障害や手のしびれ等が見られた早いうちに診察を受けることが大事になってきます。

101

アルコール依存症の初期症状から末期まで

ストレス社会の中でコミュニケーションツールがいかに発達しようと、地域間のコミュニティは薄れつつあり、バーチャルな世界以外のリアルな人間関係の繋がりは弱くなりつつあります。
疎外感や孤独感に耐え切れなくなった人は、そのストレスをお酒で解消するしか方法を見いだせなくなってしまることもあります。
アルコール依存症の初期は、身体の変化に表れるものではなく、このように精神状態にでてきます。
何も予定のない休日に、することがなくなって頭のなかにお酒を飲むことしか浮かばなくなってきます。
最初のうちはお酒を楽しく飲むことができても酔いの症状は日増しに量を増やさなければ効かなくなってきます。
一日の酒量を通常の水に置き換えてとても飲み干せるほどのものではなくなったとき、アルコール依存症は初期状態を脱して深刻な末期症状への一歩を踏み出します。
この辺りまで来ると肉体的にも変化が症状として表れます。
常にだるく、お酒を飲んでいないときには何のやる気も起きません。
その辛さを忘れるためにまた飲みます。
そうして末期になると、白目に黄疸ができたり、原因不明の痙攣が起きたりします。
日中はお酒のことしか考えられず、初期のころの感覚が麻痺してしまい、永遠にお酒に浸かっていたいというような恐ろしい末期のアルコール依存症に陥ってしまいます。

102

発症するまでの期間と離脱症状が発症するまでの時間

アルコールは、麻薬や覚せい剤と同様の依存性の薬物の一種とも言え、過剰なアルコールを長期にわたり摂取し続ける事で脳に異常が発生し、アルコールの摂取量やアルコール摂取時の体調、アルコールの摂取タイミングなどを自分の意思でコントロールできなくなった状態をアルコール依存症と呼んでいます。
アルコール依存症の発症までの期間は、男女や人種、体格によって大きく異なりますが、基本的に外国人に比べ日本人は発症し易く、女性の方が更に短期間で発症するとされています。
特に習慣的なアルコール摂取は、アルコールに対する耐性を徐々に持ってしまい、次第に酒量が増え加速度的に短期間で発症してしまいます。
アルコール依存症は、体内のアルコール濃度の低下により早期及び後期に分類される離脱症状が引き起こされます。
早期離脱症状は、アルコール摂取禁止後数時間で発症するとされ、痙攣症状や不眠症、発汗症状、幻覚症状、幻聴症状などの症状を発症します。
後期離脱症状は、アルコール摂取禁止後2日~3日で幻視症状や見当識障害、自律神経障害などの症状を発症します。
治療は、時間を掛けてリハビリを行うケースが一般的ですが、飲酒欲求を低減させるアカンプロサートカルシウムを投与し短時間で禁酒させるケースもあります。

103

もしかしてアルコール依存症かも?男性も女性も一度チェックしてみよう!

アルコール依存症に悩む人は男性、女性を問わず多くの人がいますが、依存症かどうかをチェックすることで、この症状から抜け出せるきっかけを作ることができます。
特に近年は、女性でアルコール依存症になる人がかなり増えているので、若い方でお酒がかなり好きな人は、要注意といえるでしょう。
しかし、アルコール依存症のチェックは比較的簡単で、ネット上に無料でテストできるサイトがいくつもあります。
病院やクリニックが運営しているサイトも少なからずあるので、信頼性も比較的に高いです。
ですから、お酒の飲み過ぎが気になる人は、気軽にそういったチェックサイトにアクセスしてみて、自分が依存症なのかどうか調べてみるのが良いでしょう。
依存症かどうかを調べるのに、わざわざ病院に行くのは気が引けますが、ネットならば気楽ですよね。
特に女性の場合、アルコール依存症になるまでの期間が男性に比べて短く、半分程度の期間で依存症に陥ってしまいます。
これは、一般的に女性の方が男性より体が小さい場合が多い、という点が理由になっています。
若くてお酒好きな女性の方は、今は大丈夫でも急速に依存症に発展していくリスクがあります。
ですから、一度チェックをしてみて、依存症の気配があったら、早めに対策をとるのが大切なことです。

104

アルコール依存症の治療を病院で行った場合どれだけ費用がかかるの?

アルコール依存症になってしまった場合、治療はほとんど病院で行われるのですが、通院か入院かによっても費用は大きく変わります。
一般的には入院しての治療がほとんどであるのが実際です。
アルコール依存症と言っても病院での治療であることに変わりはありませんので、健康保険が適用されます。
保険適用で通常通り自己負担は3割となりますが、金額は病院によって変わります。
またアルコール依存症は1日や2日で治るものでもありません。
自分が病気であるということを自覚するところから始まり、それから断酒を始めていきます。
依存症の人が断酒を行えば同時に精神が不安定になり、暴れだしてしまう人もいます。
あくまで様子を見ながら少しずつ改善させていき、体からアルコールを抜いていかなければならないため長期戦の治療になります。
個人差はありますが、通常は3ヵ月ほど入院することになります。
それだけの期間入院するとなると、費用もそれなりに高くなってしまいます。
一般的には30~40万円くらいかかると言われています。
高額な費用がかかるため、とてもそんな大金を用意できないという人も少なくはありません。
そのため高額療養費制度を申請することも可能です。

105

参考になるサイトの紹介をします

アルコール依存症になってしまい、お酒を欠かすことができない生活になってしまった場合、色々と影響が出てきます。
日々の生活はもちろんのこと、アルコールを摂取するためにお酒を買うという選択肢を取るために、ちょっとした借金をすることも。
借金をし続けてしまうと借金苦で大変になったりして、先が見えない不安に襲われる場合もあり得ます。
そういうときには、借金をなんとかするための情報をしっかりと集めることが大事です。
インターネット上にはそのようなことについて詳しく書いてあるサイトがたくさんあります。
そして、意外と多いのが、女性がアルコール依存症になってしまい、苦しむパターンです。
特に、母子家庭の女性などに増えてきているようです。
世の中には離婚や、未婚の女性が一人で子供を育てている母子家庭がありますが、今の女性は強いと言われながらも、一人で生きていくには様々な試練が待ち受けているわけです。
そのような場合に、アルコールに手を出してしまうのかもしれません。
そのような事でお悩みなら、例えば、こちらのサイトが参考になるかもしれません。

参考サイト:母子家庭の原因と貧困の対策|医療費免除や手当の受給方法を紹介